平凡だけど好奇心旺盛な主婦・アイコが

ひょんなことから“セメント”に魅了されていく!

知識0からのスタート!

果たしてどこに向かっていくのやら…?!

     石原愛子

一児の母で現役ファッションスタイリスト。

アシスタント時代は大草直子氏に師事する。

知りたいと思ったことにはどんどん首を突っ込む癖がある。

趣味は漫画と飲酒とカラオケ。好きな食べ物は牡蠣。

ぐっと冷え込んできたある休日、私たち一家は散歩がてら買い物に出かけていた。賑わう人に行きかう車、何気ない風景に娘が止まった。『お母ちゃん、あの中には何が入っているの?』娘が指さしたオレンジ色の車。それはミキサー車だった。私は喜々として答えた。そう、一昔前の私とは違う!セメントとコンクリートの違いが判る女ですもの!!なんてったてセメント工場に見学にまで行ったのですから!!!!(第一回参照)

娘の疑問、ふたたび。

『お母ちゃん、あの中には何が入っているの?』

コンクリートよ

『コンクリートよ!!』この時の私は平成最後の輝きを見せたのではないだろうか。

 

すると夫が横から口を挟んだ。『いや、生コンでしょ。』

私は2秒ほど目を見開いたまま止まってしまった。たしかに、確かにそうだ。あの中には固まる前の生コンが入っている・・・んだよね?そもそも固まる前のものが生コンクリートで固まったらコンクリート・・・であってるよね?え?え?え?そうだよね??

私は早速その道のプロに頼ることにした。第一回に登場した猪熊氏だ。

あーーー、なっちゃん?つかぬことを聞きますけど、生コンの生って固まる前ってこと?

そんなかんじー。生コンが固まって堅いコンクリートになるんだよ。

だよね、だよね。でもさ、あのミキサー車の中では固まらないの?

だから生コン作ってから90分以内に現場に運ぶっていう決まりがあるんだよ。

知らんかった!!!!

え?でもそしたら遠くから生コン運ぶことできないじゃん?そもそも生コンってどうやって作るの?私はまた猪熊氏に質問を浴びせた。

じゃあ今度は生コン工場に見学行ってみる?

夕暮れ近い東京の街で、私は生コン工場見学に行くことを夫と娘に伝えた。

やってきました!生コン工場

さてさて、そんなわけでやって来ました。こちらが今回見学を受け入れて下さった晴海小野田レミコン株式会社さんです!!

お判りになるだろうか・・実はこの時猪熊氏のお腹にはベビちゃんがいるのです。この記事がアップされる頃にはもう誕生してるかしら★楽しみ♪お腹の大きなこの方と今回も見学スタートです!!

こちらこの晴海小野田レミコンさんは国内№1規模の会社さんで、創業60年以上という歴史もさることながら施設もすごいんです。なんと、生コンクリート製造のすべての設備を建物内に収容したんです!これ、何がすごいかわかります!?まさに都市型ですよ!!!粉塵や騒音を抑えることがこの大都会東京でどれほど重要か!!!

え?わからない?大丈夫!見学するまで私も『ふーーーん??』でしたから。今からたっぷりお付き合いください★

さあ、それでは生コンクリートの作り方教えていただきましょう!

今回工場内を案内してくださった村川萌奈さん。ちょっ!!かわいすぎません?!カメラマンとして同行した尼ちゃん(セメント新聞社に最近入社した青年・尼口くん)もシャッター切る数が2割増しでした。私の時とはキレが違いましたよ・・・。後ほど萌奈ちゃんのインタビューもありますのでお楽しみに★

まずは会議室で会社の歴史と設備の説明のDVDを見せていただきました。前回同様ここでは『へーーーー!』の連続です。海外からの見学の方もとても多いそうで何か国語も用意しているそうです。

ここで簡単に生コンクリートの作り方を説明します。

①セメント、骨材、混和剤、水を混ぜる

出来上がり!!!!②が無かったですね。そうなんです。混ぜたら出来上がりなんです。

でもその『混ぜるだけ』の工程にたくさんの技術と経験がつまっているんです。

ヘルメットの装着も慣れたもんです。

『では工場内に行きましょう!』と案内されたのはここ。驚愕!!!

ここ事務所棟の5階ですよね?!なにこの階段!!!

なんと5階のこの会議室から直接工場に入れるんです!『DVD見てすぐに行けるから』という理由で作ったそうです!頭良すぎやしません?!無駄がなさすぎです!こういう発想大好きです。

内部はいろんな機械やパイプが…。なんだかワクワクしてきますね★

そうやってできるのね、生コン。

まずは材料となるセメントや骨材を受け入れることから始まりますが、どちらも海からの搬入です。タンカーや船で運ばれてきます。水辺に工場がある理由も大量に安価に輸送できるためです。

コチラが骨材サイロ入り口です。このカーテンの先に何が待ち受けているのか。

この日停泊していたのは骨材の輸送船でした。このながーーーいパイプで運ぶんです!

骨材サイロには大きさや種類別に砂利や砂等を分けて貯蔵しているのですが、いくつかの部屋に分かれているの、わかりますか?ちなみにココ、足元がメッシュで高くて怖い。すっけすけ(涙)

大量の骨材の上をへっぴり腰で進みます。

この斜めのベルトコンベアで骨材が運ばれてきます。このかんじかっこいい★運ばれたい…❤️

この中に実はベルトコンベアが通っているのですが、なんと垂直!!

そしてこの垂直ベルトコンベアがこの工場の一番の売り!と言っても過言ではないほどの画期的発明なのです!通常ベルトコンベアは先ほど紹介したような斜めのものが主流ですが斜めであることでどうしても場所をとってしまう・・。それならば垂直にしてしまえ!ってことなんですがうまく説明できないので図にしました。

絵がへたくそなのは無視してください。

この国内最大級の垂直ベルトコンベアを3基採用することでコンパクトな設計が可能となったのです★

ちなみにセメントもセメントタンクからこの垂直ベルトコンベアで運びます。また、セメントは空気圧送によりタンクへ搬送されます。

そうやって運ばれた骨材とセメントがこのターンヘッドに運ばれ

計量器で量られます。

コチラは混和剤タンクの受入口です。

生コンと一言で言ってもいろんな用途に応じて固まる時間や堅さ等発注されるものは様々で、セメントの種類や混和剤の種類、骨材の種類でその調整を行います。

この混和剤は車で運ばれてくるのですが、各タンクごとに番号が振られていて鍵がかかっています。間違った番号の混和剤を入れることを防ぐためです。これを間違えてしまうとタンクの中を全て洗浄しなければならないおおごとだそうです。私がやるわけではないですが、気持ちが引き締まりすね。ご覧ください。この引き締まった表情。

コチラが混ぜられ中の生コンクリートです!

出来立てほやほやの生コンをミキサー車に入れます。ミキサー車の正式名称はトラックアジテータといいます。

冒頭でも少し触れましたが、生コンが出来上がってから現場に運ばれるまでの時間はJIS(日本工業規格)で90分以内と定められています。そうなるとおのずと運べる距離も決まってきます。こちらの工場では15㎞圏内。

そしてなんとこの車にはGPSが搭載されていて、どの車がどの現場に向かうか、時間を測りながら管理されているんですって!徹底した管理をすることで品質ももちろんリスク回避もできるのですね★★途中でアイス買い食いとかできないわ~汗

やっぱりエコが大事!

コチラは車の洗車シーンです。敷地内に雨水槽があり、洗車に使用しているんですって!ミキサー車内部の洗浄をした水も練水として再利用し、場外に排出する水を最小限に!めっちゃエコ!!

屋上緑化!写真は一部ですが、屋上部分はほとんど緑化システム!エコですねー!!

敷地内には諏訪工場長お手製の菜園まで★緑化だわ~!この日はサツマイモを収穫! 他にもピーマンやサトイモ、しし唐、などなどもりだくさん!しばらく自給自足できそうでしたね。私住めるな…。

品質管理

コンピューター室ではすべての工程をモニタリングし、異物混入が無いかなどチェックしています。ミキサー車のGPSもこちらでチェックし正しい現場に向かっているか、時間内に届けられるか、きっちり管理されています!ちなみに私たちの先ほどの姿もバッチリ見られていたということですね。

製品の検査をするスランプ試験を体験させてもらいました!

この試験は流動性を測る試験なのですが、打設作業の難易度や効率性を調べる指標のひとつです。難しいっ汗

体験!

固まったコンクリートの強度を調べるテスト。ここでも計算方法等を教わりましたが、算数のできない私は序盤でちんぷんかんぷんでした。難しいっ汗

生コンクリートの作り方は以上!みなさん、わかりましたかー?簡単にこの工場内の材料の動きをイラストにしてみました。

へたくそすぎって声は受け付けません。

ここまで長々説明しましたが、まだわからないよーという方は晴海小野田レミコンさんの動画見てください。

(http://harumi-onoda-remicon.jp/movie/index.html) 最初からこれ出せよー!って声も受け付けません。

村川萌奈さんインタビュー

入社して6年目、きらきら輝く彼女に質問!

まず晴海小野田レミコン株式会社さんへの入社の動機はなんですか?

工場近くの高校に通っていて、最初はデパートに販売職で就職したかったんですが、就職担当の先生に進められて見学に行くことになって。

デパート!似合いそう!でもなんで先生は工場進めたんですかね。

あなたにはデパート向いてないって言われて(笑)

すごいですね(笑)でも工場に決めたんですよね?それもすごい!決め手は何ですか?

最初は見学には一応行くけど、工場なんて汚そうだし、ボロそうだしって思ってたんですが(笑) 行ってみたら雰囲気がとてもよくてアットホームで、こういう会社で働けたら楽しそうって思えました。あと、建設関係の仕事をしていた祖父がこの会社を知っていて、いい会社だからと進めてくれたのもあって決めました。

先生すごくないですか?!

感謝してます(笑)

今はどんな仕事をしていますか?

一日のスケジュールはどんな感じですか?

残業もあるんですね、でも基本は朝も早いですけど終わるのも早いですね!

週3,4はオペレーター業務が主です。週1,2で試験したり、発注をしたり書類作成などのデスクワークもあります。

定時が8:00~4:40で、オペレーター業務、昼食、オペレーター業務。という感じで一日オペレーター室にいます。残業当番の時はミキサーの清掃をしたりもします。

朝早いのは慣れました(笑)その分終わるのも早いので趣味の時間にあててます。

朝早いスタートの時もありますがそんな時はフレックスで早く帰れますし。

女性が少ない職場ということで困ったことはありますか?

女性特有の悩みを相談する人がいないことは辛かったりしますね、同世代の女性もいないし共感してくれる人が少ないって結構辛いです。

体調面とかは確かに男性には相談にしにくいですよね。

逆に女性だから重いもの持たなくていいよ、みたいなことは無いんですか?

女だから重いもの持てないって思われるのが嫌だったので率先してやってましたね(笑)なるべくできることは自分でやろうって入社して数年は頑張ってましたね。

でも男性社会だからこそ女である自分の目線が活かせることもあるって気づいてからはそっちに頑張りの重点を置くようになりました。力がない分、男性と張り合うよりも自分のよさを出せると感じて。

具体的にどういうことですか?

お客様に対しての気くばりなんかは気をつかいました。

この仕事をしていてよかったと思うことはなんですか?

大きな仕事に携われるところです。直接的にオリンピックの会場づくり等、大きなことに関われるっていうのが嬉しくて。そこにやりがいを感じますね。

確かにかなり直接ですよね。作っちゃってるんですもんね(笑)

もし他の仕事をしていたら、ここまでは関われなかったかも…と思っています。

今後どういう働き方をしていきたいですか?

さっきの話でも出てきましたが力仕事では男性にはどうしてもかなわないので、それ以外で自分を生かせるとしたらやっぱり女性目線の発想とかだと思うんです。例えばこの業界女性は少ないですが、仕事としては女性もできる内容だと思うんです。

だからこそ自分がPR活動をしていけば、業界全体の女性参入も増えて、そうなった時に自分が経験してきたことを新しい世代の子たちに教える立場になれれば素敵だと思います。

ホント、女性働きやすそうですよね。子供がいる私としては勤務時間は魅力です!

仕事と私生活とのバランスなどはどうですか?

趣味でヒップホップのダンスをずっとやっていて、

?!まじですか(笑)

美容も好きなので、ネイルしたり自分の時間を大事にしていきたいです。

ネイルも自由なの、いいですよねー!理解ありますよねー。私の考えの方が古いのか(笑)

最後に読者さんに向けて何か伝えたいことありますか?

生コンってよくわからないと思うし、男性社会のイメージがやっぱり強いと思うんですけど、だからこそ女性の活躍の場として伸び代があると思うので私と一緒に生コン業界を盛り上げていきましょう!!

いいですね!!盛り上げていきたいですね!!

―――明るく、かわいい笑顔で語ってくれた萌奈ちゃん。

男性ばかりとわかって自ら飛び込んだ世界だからこそ、入社当時は人一倍強い意志を持って仕事に挑んでいたのでしょう。きっとたくさんの努力や苦労をされたんだと想像します。そして数年後に気づいた自分を活かせる働き方は、そのがむしゃらに進んだ時があったからこそだと感じました。

彼女の仕事を楽しそうに語る姿からは誇りと愛情が伝わってきました。また見学中、男性社員の皆さんの彼女に対する接し方には対等さやリスペクトを感じました。萌奈ちゃんの仕事に対する姿勢が素敵な環境を作り出したのでしょう。

彼女が切り開いた道はこれから新たにやってくる女性だけでなく男性にも大きな意味を持つのではないでしょうか。

見た目だけではなく中身まで素敵な彼女、生コン業界のミューズとして今後も注目です♪

あとがき

今回も見学後にご飯をごちそうになりました♪

ネプチューンさん(https://neptune-seafood.com/)に連れてきていただきました!

なんでもこの界隈では有名な洋食屋さんだそうで、名物はエビフライ!

お肉もお刺身もなんでもありましたけど!どれも気になるメニューでしたね★

3人娘はカニクリームコロッケのセット。エビフライでかっ!!! めっちゃおいしかったです!

諏訪工場長と尼ちゃんは海鮮丼。工場長の笑顔おちゃめすぎです★

ごちそうさまでした!!

今度は工場長おすすめの夜にもお邪魔したいです❤️

さてさて、第二回目となりますゆけゆけセメント女子! いかがでしたでしょうか?今回は生コンについて勉強させていただきました。いまやほとんどの建物にコンクリートが使われています。その生コンクリートをどうやって作っているのか、知るだけでなく直接触れることもできたことに感動です。そして、業界へのイメージも大きく変わりました!萌奈ちゃんのような素敵な女性がこれからもどんどん活躍してほしいですね★

娘の就職先に、今から内定もらえないかしら…。工場長!!お願いします!お願いします!!

晴海小野田レミコン株式会社の皆様、諏訪工場長、村川萌奈さん、お忙しい中お時間頂き本当にありがとうございました!

取材協力:晴海小野田レミコン株式会社 http://harumi-onoda-remicon.jp/

Copyright © 2018 CEMENT PRESS All Rights Reserved.

当サイト内の文章・画像等の無断転載はご遠慮ください。