CONTENTS

[コンクリートテクノ2022.1月号]2021.12.24UP

■C.T SPECIAL

2022年ってどんな年? ~転ばぬ先にやっておきたいこと

 

ついに改定を迎えるJASS 5 -概要と生コン業界へのお願い-

野口 貴文 東京大学大学院工学系研究科 教授

 

JASS 5大改定への施工者の対応

岩清水 隆 竹中工務店大阪本店技術部専門役建築技術グループ

 

生コン個社が対応すべき2022年の課題

 

セメント各社の値上げ動向 産業の生き残りをかけた正念場

 

時間外労働規制がもたらすのは賃金の減少か?魅力ある業界か?

働き方改革対応を迫られる建設現場のいま

 

現場の働き方改革で生コン工場苦境に!?納入ピッチ上がり輸送コスト増加

 

髙山秀一全日本トラック協会セメント部会部会長にきく

「2022年は運賃引き上げを実現する年」

小島信也全日本トラック協会生コン輸送部会部会長にきく

「2022年は持続可能な体制を作る年」

 

全圧連アンケートにみる コンクリ―ト圧送業界の課題

打設計画が元請主導のなか,時間管理はできますか?

 

■Chapter01

プラント訪問 新関西菱光大阪工場 安心・安全で高品質な生コンを

■Chapter02

JIS A 5308における生コンクリートの

強度とスランプの組合せの経緯ならびに今後の改正の方向性

辻 幸和

■Chapter03

大阪兵庫生コンクリート工業組合

ドローンによる設備点検は実現するのか?! 阪南産業港工場でデモフライト

■Chapter04

斜交メッシュパネルを用いた連続鉄筋コンクリート舗装

片山 典信 藤崎商会 常務取締役ほか

■新春特別企画

コンクリートゆるキャラ大集合

■連載

にっぽんのCNは近いぜよ!“本気”の脱炭素技術

第一回 鹿島建設  デンカ 竹中工務店 日本コンクリート工業

大幅なカーボンネガティブを実現する環境配慮型コンクリートとその未来

-コンクリートによる「活炭素」技術-

PARTNER COMPANIES

 

copyright © CEMENT SHIMBUN All rights reserved.