過去の特集・情報

アグリゲイト

2018.7月

2018.6月

田村啓二岡山県砕石協同組合理事長に聞く、4月から各社2割値上げ、砕石業継続に危機感  [2018.7.23号]

岡山県砕石協同組合(22社23工場)の組合員各社は、4月1日から骨材価格の現行から2割程度の引き上げを要望した模様だ。値上げは5年ぶりで、粘り強い交渉が成果をあげ各地区で㎥300円程度までの値上げが実現した。経産省の調査によると岡山県の17年度砕石出荷量は前年比7%増の289万トンでコンクリート用は10%増の174万トン(砕石114万トン、砕砂60万トン)、道路用は微増の87万トン。前年の減少から増加に転じたが4年連続300万トンを下回り出荷規模はピーク時の4割に縮小。業界を取り巻く環境は厳しい。協組は骨材価格の適正化を後押しするべく需要家への窮状の周知に努める。田村啓二理事長に現況と方針を聞いた。

 

中四国広島、岡山、愛媛の砕石場甚大被害も、浸水、土砂崩落で操業停止  [2018.7.23号]

6月28日から7月8日頃までの平成30年7月豪雨(西日本豪雨)により岡山、広島、愛媛各県の砕石工場が甚大な被害を受けた。浸水や土砂崩落など被害は中四国の広域にわたり17日現在で操業停止中の工場もある。人的被害はなかった模様。

 

建交労ダンプ部会、運賃引き上げ不十分、運転手60代以上過半数に  [2018.7.23号]

個人事業主のダンプ運転手は骨材・資材の買い手と売り手の狭間に置かれ、厳しい労働条件を強いられている。全国の車持ちダンプ運転手が所属する全日本建設交運一般労働組合(建交労)全国ダンプ部会がまとめた17暦年の調査によると、労働日数や平均労働時間の増加もあり、組合員の1日の平均単価は3万4746円と前年から716円上昇したが、単価(運賃)の引き上げは組合員の1割強にとどまり、上昇する軽油代等のコストアップで輸送環境は厳しさを増しているという。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

茨城県砕石事業協同組合創立半世紀、長谷川大紋理事長に聞く、有限資源を適正価格で販売  [2018.7.9号]

茨城県砕石事業協同組合(13社19工場)は1966年に設立し約半世紀を迎えた。全国有数の砕石生産量により県内および千葉、一部都内の骨材需要を支えており、組合は市況安定に直結する大型工事の共同販売を行うとともに骨材輸送対策(過積載防止対策)を推進する。地域貢献では県と災害協定を締結し、3年前の鬼怒川水害では資材等を供給した実績がある。長谷川大紋理事長に業界の現況と展望を聞いた。

 

栃木県砕石協組員、10月に値上げ運賃適正化、埼玉トン300円以上、東京・千葉トン500円以上  [2018.7.9号]

栃木県砕石工業協同組合(青木栄久理事長)の組合員各社は、10月を目標に持ち込みで埼玉地区でトン300円以上、東京・千葉地区でトン500円以上の骨材値上げに踏み切る姿勢だ。生コン用を中心にコンクリート製品用や合材用骨材も価格改定を求めていく。骨材輸送ダンプの運転手確保は困難な状況にあり値上げ分は主に運賃(輸送費)に充当し、運転手の待遇や労働条件改善を図る。首都圏全体として骨材需要は堅調な見通しだが、生産現場の人材不足で増産は難しく石灰石2鉱山の閉山をきっかけに需給の締まりが予想される。生コン価格の適正化の気運も高まり、骨材の価格適正化の絶好の機会ととらえ、不退転の覚悟で交渉に臨む。

 

唐津湾砂採取協組、新造プッシャー・バージ就航、船員若返りも進む  [2018.7.9号]

海砂採取業者で構成する唐津湾海区砂採取協同組合(前田五男代表理事、5社)は2月に新造のプッシャーバージ船「第七げんかい」を就航。佐賀県および福岡県の採取船登録手続きを進め、3月頃から採取を開始している。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

松家武樹熊本高等専門学校准教授に聞く、特徴的技術のコンクリ性能への寄与解明  [2018.6.25号]

松家武樹熊本高等専門学校建築社会デザイン工学科准教授は今年度、日本砕石協会の助成を受けて『乾式砕砂を用いたコンクリートの諸特性に及ぼす砕石粉の比表面積の影響』を研究する。16年度の同協会の助成による海砂代替砕砂の研究では砕砂と高炉スラグ微粉末(BS)やフライアッシュ(FA)との相性は良く、それらのコンビネーションによりBSやFAが有するポテンシャルをいっそう引き出せることを明らかにしている。松家准教授に経歴や研究の概況を聞いた。

 

小澤教良菱光石灰工業社長に聞く、安全、品質、CSRの完成度高める、輸送コンプライアンス徹底 [2018.6.25号]

松菱光石灰工業(本社・東京都千代田区)は石灰製品、石灰石、砕石の三本柱の事業を展開し、宇根鉱山(埼玉県横瀬町)で生石灰・炭カル向け塊石、セメント原料と石灰石骨材、生川工場(同)で生石灰や消石灰・炭カル等、八王子工場(東京都八王子市)で砂岩骨材を製造・出荷する。17年度実績の石灰石出荷量は243万トン(前年比3%減)、生石灰焼成量は25万9千トン(3%減)、砕石生産量は110万トン(10%増)。4月1日付で取締役社長に就任した小澤教良氏に方針を聞いた。

 

首都圏骨材事情 将来見えない骨材輸送 [2018.6.25号]

首都圏の骨材業界は、コンプライアンスの観点から、輸送における徹底した定量積載に取り組む動きがある。一方で、収入や労働環境などに魅力のないといわれる骨材輸送業界は、運転手の高齢化や撤退が進む。東京五輪関連工事、首都圏の再開発、新東名高速道路工事、リニア中央新幹線整備など大型工事が進行するなか、数々の問題を抱える骨材業界の需給動向、値上げ状況、輸送業界の現状を取材した。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

新たな需要開拓目指す、札幌石狩砂利協同組合  [2018.6.11号]

昨年3月に設立20周年を迎えた札幌石狩砂利協同組合(組合員4社)は砂製品のラインアップを充実させるとともに、建設業者をはじめとした取引先を拡大。現在の年間出荷量は30万㎥におよぶ。北海道新幹線整備などの特需に向け安定供給に努めるとともに、新たな需要開拓を目指す同組合を取材した。

 

熊本砕石共販協組、震災復旧でフル生産、IoTプラントに全面更新も  [2018.6.11号]

熊本砕石共販協同組合(髙岡弘一理事長、4社6工場)は、一昨年の熊本地震の復旧・復興工事や熊本市内の市街地再開発など需要が高水準で推移する中で骨材の安定供給に努めている。

 

鶴田欣也愛知県砕石工業組合理事長に聞く、モラル共有し価格適正化推進  [2018.6.11号]

経済産業省調べの愛知県の17暦年の砕石出荷量は382万トンと、前年の大幅減から微増したが需要の先行きは不透明である。愛知県砕石工業組合(14社)は業界問題の解決に向け、活発な組合活動を進める。鶴田欣也理事長(日本砕石協会東海地方本部長)に業界の現況を聞いた。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

木更津ガット船座談会、東京湾内を約50隻が千葉山砂等輸送、船齢30年の老朽船急増、減船危機  [2018.5.28号]

千葉県木更津のガット船業界は千葉県産山砂(細骨材)や石灰石骨材、高炉スラグ等の東京湾内の流通を担い、ガット船約50隻で年間1000万トン規模の輸送力を保有する。今年以降、ガット船の多くを占める個人船主(個人事業主)の傭船を中心に就航実績のほとんどない船齢30年の船が急増し、老朽化した船の延命、更新が喫緊の課題だ。ガット船1隻の積載量は約1500㌧、ダンプ約150台分の輸送量に匹敵するため減船の影響は大きい。千葉県内航海運組合所属の海運会社の共栄運輸、三栄港運、大川海運、房州物流、中央産業と、非組合員で山砂製造会社の丸和建材社は湾内のガット船の約9割を運航させている。6社による座談会を開催し、ガット船業界の現況や各社の方針を聞いた。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

堀尾伸介岐阜県砕石工業組合理事長に聞く、次世代が引き継ぎやすい環境整備  [2018.5.14号]

岐阜県砕石工業組合(36社)は県内5支部で組織し認可保証事業を中心に活発な活動を行っている。組合員合計の17暦年の生産量は前年比7%増の290万トン。用途別ではコンクリート用136万トン(微増)のうち単粒度砕石78万トン、砕砂58万㌧。道路用131万トン(4%増)。堀尾伸介理事長(小西砕石工業所常務取締役)に方針や概況を聞いた。

 

日鉄鉱業栃木事業所・羽鶴鉱山、鉱区拡張し原石数十年分確保、自動運転延長で砕砂増産検討  [2018.5.14号]

全国最大の骨材生産地栃木県葛生で骨材およびドロマイトの安定供給に努める日鉄鉱業栃木事業所・羽鶴鉱山。昨年2月に採掘範囲を拡張して中仙波(なかせんば)地区の開発に着手しており、既存の採掘範囲を含め数十年分の石灰石資源の安定確保が可能になる見込みだ。今井修所長(葛生石灰砕石社長)に概況と方針を聞いた。

copyright © CEMENT SHIMBUN All rights reserved.